FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォークソングに憧れて・・・

遙か昔、紅顔可憐(?)な高校生の頃でした。
当時アメリカで流行っていたカレッジフォークの代表グループ
でもあった ”ブラザース・フォー”が1960年代来日し
大阪公演にどうしても行きたく、友達と二人でフエスティバルホールに
意気揚々と出かけました。
なにせ北河内に住み、音楽公演なんか行ったことも無い二人です。
当時高校にも下駄履きで通学していた時代、何の恐れも無く
下駄を履いてフエスティバルホールに出向いたもんです。
すると入り口受付で止められ、”草履に履き替えてください!”と
草履もどきを渡され履き替えた。ホール側で替え草履を用意している
ということは、こんなケースがたびたびあったんでしょうね。

br4



ブラザース・フォーは、1950年代にワシントン大学の学生たち
4人のメンバーで、ハーモニーが素晴らしくアコースティックな伴奏に
のって流れる、清潔感溢れるフォークソングに聞き惚れた。
"グリーンフィールズ””遙かなるアラモ””七つの水仙””花はどこへ行ったの”
など、多くのフォークソングの名曲を心に刻み、ギターに憧れました。

これがフォーク好きになった原点です。フォークソングの話もこれから折に触れ
ていきますのでよろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

浪花のトムソン

Author:浪花のトムソン
大阪市内で町工場を32年間やってます。 零細企業も中々のもんです。
この歳になって(67才) ”ブログ” というもんを始める羽目になりました。
何を書くやらわかりませんが、ボチボチお付き合いお願いします。

aqua
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
時計
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。