FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”インビクタス 負けざる者たち”を観て

インビクタス
クリント・イーストウッド監督、モーガン・フリーマン、マット・ディロン主演の「インビクタス」をみた。
1995年南アで開かれたラグビーW杯で優勝した試合が背景となっている。
ラグビー経験者として観ずにほっとく訳にもいかないやろ。

南ア大統領ネルソン・マンデラ役のモーガン・フリーマンは抑えた演技で渋い。
アパルトヘイトによる人種差別で引き裂かれている国民を、ラグビーを通じて
一つにまとめたい大統領の思いに応えていくのが、南アの代表チーム”スプリング
ボックス”の主将がマット・ディロン。これでもか!といった盛り上がりは押さえて、一つの言葉、
一つのシーンにマンデラ大統領の思いが、南アの当時の国情が、弱体化していたチームの強化に表れている。
映画としてはやはり観てよかったと思う。静かな感動といったところか。

観る人により評価は分かれそう。改めて当時のオールブラックスとの優勝戦をビデオでみた。
映画では、旅客機の低空飛行シーンに始まる試合の開幕から忠実に描かれている。
迫力は実戦には流石に劣るが・・・。 ここまでラグビーをテーマにした映画は記憶にない。
サッカー、野球、アイスホッケー、バスケットボール、ボクシングなどはあるが。

この大会で、日本はニュージーランド代表の”オールブラックス”に 17-145 という
屈辱的な大敗を喫している。 これはW杯での未だに破られていないワースト記録。
このあたりから日本のラグビー人気に陰りが出てきたように思う。






スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

浪花のトムソン

Author:浪花のトムソン
大阪市内で町工場を32年間やってます。 零細企業も中々のもんです。
この歳になって(67才) ”ブログ” というもんを始める羽目になりました。
何を書くやらわかりませんが、ボチボチお付き合いお願いします。

aqua
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
時計
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。